OyaConv

 

OyaConvM5 特設ページ



 

OyaConvM5 の特徴


親指シフトコンバータOyaConv210の特長を継承

今までのOyaConvの機能を全て継承しています。USBキーボードをコンバートしているだけですので、WindowsなどのOSがアップデート,バージョンアップされても変わらず動作し続けます。
2パターンのキーボードレイアウトを持ち、変更も自在。専用ソフト、専用アプリは必要ありません。OyaConv はPCウイルスとも無縁です。
SDカードに保存するキーレイアウトデータもいままでと完全互換です。
Windows, Mac, iPhone/iPad, Android, Linux, にて使用可能です

Bluetooth互換無線接続

パソコン,タブレット,スマホなどのデバイスとBluetooth互換でペアリング、ワイヤレス接続します。接続は他のBluetooth互換機器と同様ですので簡単に接続出来ます。
※Bluetooth4.0以上(BLE)で接続いたします。

大容量バッテリー標準搭載

700mA/h の大容量バッテリーを搭載。キーボードに電力を供給しながら単独で動作します。
連続使用時間はキーボードにより異なりますが,HKKBキーボードで2時間強。DELLの標準JISキーボードで3時間近くが使用可能です。(液晶表示時間3秒設定時) バッテリー交換もユーザー様で簡単に行なえます。(検査済み別売バッテリー ¥2,000- )

親指シフトコンバータ,大容量バッテリー,無線接続を統合


コンパクトなサイズに3つの機能をまとめ上げました。

OyaConvM5 解説動画

OyaConvM5 の基本機能を簡単に解説しております。ご検討の際には是非一度御覧下さい。

 OyaConvM5 紹介動画(4分56秒)

取扱説明

ご使用方法(簡易版)につきましては、こちらの pdf 文書を参照下さい
ご注文に際しては、注意事項・制限事項をご一読下さいませ


ユーザー様レヴュー

鬼頭秀一先生(東京大学名誉教授)によるOyaConvM5レビュー記事
(Facebook  親指シフトグループ記事)


諸元  

製品名

OyaConvM5

価格(税込) ¥19,800-
サイズ 53mm☓53mm☓32mm 
重量 75g
充電電源

Type-C ケーブルによる充電

レイアウト可能キー数

60 キー
レイアウト可能キー種別 5種類
設定可能オプション SDカード経由で11種類
本体設定オプション:音量、液晶表示時間、電源OFF時間、画面明度
インターフェース Bluetoorh互換ワイヤレス(PC側)
USB Type A(キーボード側)
メモリカード micro SD互換メモリカード
基本モジュール M5 Stack basic
付属機能 キーボードのキーコード (HID Usage ID)の
モニタ表示機能(液晶表示)
主な制限事項 FMV-KB232 につきましては相性問題があり、動作いたしません。
付属品

●micro SD カード 
●Tpye-C 充電ケーブル

別売オプション

●背面モジュール(初期型用)¥1,500- 
●交換用バッテリーモジュール (700mA/h) ¥2,000-
● キーレイアウト設定サービス(設定済メモリカードを送付)¥5,000-

ご購入について

ご購入時のご質問、ご予約は、お手数ですがこちらのメールフォームからお問い合わせ下さい。

OyaConvM5 のキーレイアウトにつきましては

・富士通純正サムタッチキーボード
・JIS標準キーボード

を標準としております。

それ以外のキーレイアウトをご希望される場合につきましては、ご希望のレイアウトを、OyaConvキーレイアウト設定フォームからお知らせ下さい。折り返し、ご入力いただいたメールアドレス宛に、ご希望に沿えるかを返信いたします。

既に出荷済みのキーレイアウトにつきましては無償で設定・インストールいたします。新規に複雑なレイアウトを作成しなければならない場合には、レイアウト製作料 ¥5,000- にて製作いたします。こちらも折り返しのメールでお知らせいたします。

ご入金は銀行振込とさせていただき、ご入金確認をもって、宅急便コンパクト(箱)にて製品を発送いたします。

※開封したら出来るだけ即座に利用出来るよう、ユーザー様の意向に沿ったキーレイアウト設定に努めておりますが、他社製品、他社日本語入力ソフトにつきましては、基本的にサポートの対象外とさせていただいております。また、OyaConv はあくまでPC周辺機器ですので、他社キーボードやPCの購入アドバイス、サポートは行いかねますこと、ご了承下さいませ。

inserted by FC2 system

Tweet Follow @OyaConv

OyaConv製作 高橋 祥之

inserted by FC2 system